お料理

お弁当のおかず!前日準備60分でも夕食と一緒に作って時短します。

更新日:




前日準備は大変ですが、その分当日は盛り付け中心なのでラクチンです。

煮物もしっかり冷ましてから詰められるので食材が悪くなる心配も減ります。

それに夕飯を作りながら煮込んでしまえば、手間も半減。

やってみたら、思っていたよりも効率良しでした♪

お弁当メニュー!定番から揚げアレンジメニュー10選 冷めてもおいしいソースレシピ

  お弁当の定番のから揚げ!みんな大好きですよね。 うちのお弁当でもよくいれるのですが、 お弁当のから揚げってちょっとパサつきやすいように思います。 冷えると美味しさが半減してしまうような。 ...

続きを見る

お弁当のおかずは前日の夕飯と同時進行で作れる煮物で時短

夕飯を作るとき、コンロが一口開いていたらOK、フルで作っているときは、後片付けの時に煮込んでしまえば効率がいいです。

煮込み終わった後、粗熱が取れたら保存用容器に移して冷蔵庫へ、

翌日に再加熱はしないので、保存用容器は洗浄後、乾いてからアルコールスプレーをして使用してください。

代わりにジップロックなどに入れて保管するのもおすすめです。

鶏モモ肉とサトイモの煮物

材 料

鶏モモ肉、冷凍サトイモ、料理酒、醤油、砂糖、みりん

片栗粉(とろみ付けよう)

冷凍ほうれん草、白だし、鰹節

 

✩作り方

1、鶏モモ肉を1口大にカットし、サトイモと調味料と水を入れた鍋で20分煮込みます。

2、煮あがったら、具材と汁を別々にし、煮汁に片栗粉を加えてとろみをつけます。鶏肉を煮ているので翌日冷蔵庫から出すときは前日のイメージよりやや硬めになります。

3、具材ととろみをつけた煮汁を軽くあわせてから、冷蔵庫で保管します。

4、卵を固ゆでに茹でて、殻をむいたら冷蔵庫で保管します。

5、冷凍ほうれん草はレンチンをして白だしを少々入れて混ぜ、カップに盛り付け、鰹節をトッピングします。

あとは詰めて出来上がりです。ゆで卵は前日に煮汁と一緒につけておくと味がしみ込んで美味しいですが、今回は別々に保管して盛り付けました♪

 

豚の角煮弁当

✩材料(大人男1、女子高生1、男子中学生1)

豚バラブロック 300g、長ネギの青いところ

冷凍さといも、料理酒1/2カップ、醤油、みりん、砂糖各大さじ3、

片栗粉(とろみ付けよう)

卵3個

オクラ4本、白だし

冷凍ブロッコリー3個

 

✩作り方

1、豚バラ肉と水、長ネギの青いところを圧力鍋に

→圧力が強の状態で10分加熱して自然に圧力が抜けるのを待つ2、別鍋に調味料を入れ、水を1リットルくらい、サトイモを入れて中火で15分煮る

※豚肉を茹でたお湯は捨てます。

サトイモの煮汁を沸騰させ、火を止めたら片栗粉を入れてとろみをつけます。

3、卵3個は固ゆでにする(沸騰後10分)

全て加熱後、ジップロックなどの密閉できる袋に茹でた豚バラ肉、サトイモ、ゆで卵など固形のものを入れる。

とろみのついた煮汁の荒熱が取れたら他の材料が入っている密閉袋に注ぎ入れます。

4、冷蔵庫に入れて保管します。

5、オクラを1分ほど茹でた後、冷水で冷やし、5ミリ程度の輪切りにし、白だしと和えて冷蔵庫に保管します。

6、当日、よく冷えた豚の角煮をカットします。ゆで卵はたまごスライサーでカットします。

ブロッコリーはレンチンで解凍したあとに盛り付けやすいようにカットします。

それぞれ盛り付けたら出来上がりです。

お弁当の色別おかず 時短で作れるお弁当の副菜レシピ

  お弁当のおかずを詰めているとき、隙間を埋めたり、 彩りを考えるのはたいへんですよね。毎日とても悩んでいます。 今回は、私自身の備忘録替わりに、いつも入れている副菜を色別にまとめてみました ...

続きを見る

さいごに

毎日のお弁当の準備は本当に大変ですよね。

うちでは朝、レンジの前でよく渋滞がおこっています。

でも、少し一生懸命作ったものに「美味しかった」と言ってもらえるとちょっとうれしいので

たまに頑張って、煮物を前日に調理したりします。

味もしみ込みますし、なにより当日の朝がとっても楽です。

一度試してみてください!

 

おすすめ記事

1

おせち料理をご家庭で手作りされるところも多いと思うんですけど わたしは昨年から通販で購入して実家へプレゼントしています。 母は料理好きなのですが、やはりお正月くらいはゆっくりしてほしい、ここ数年は一緒 ...

2

持ち寄りパーティーをすることも多くありますよね。 今回のターゲットは「義実家両親」「実家両親」です。料理ができるぞとアピールしつつ、高齢の両親も食べやすいやわらかめのものでレシピを組み立てました。 ど ...

3

2020年に行われる東京オリンピックは、7月24日から8月9日に開催されます。 真夏の一番暑いときです! ちなみに2018年の同時期の気温は↓ 17日間中、30度を超えている日が13日あり、うち4日間 ...

-お料理

Copyright© ちまきの知恵袋 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.