子育て 知恵袋

お小遣いの渡し方で育つ金銭感覚とは?

更新日:

お小遣いの渡し方で将来の職業傾向が分かれるそうです。

堅実なサラリーマン型が、自ら道を切りひらく自営業型か?

そもそも、お小遣いっていつからあげるのかというのも気になるところですね!

お小遣いの平均額は果たしていくらなのでしょう?

お小遣いの平均額について

子供へお小遣いを渡すということは

子供が自分でお金を使うことを考えること

とても大切な社会勉強になると思います。

でも、いくらくらいをいつからどうやって渡すのがいいのか?と悩んでしまいますよね。

電子マネーや仮想通貨が当たり前になりつつある世の中です。

お金の大切さをきちんと学んでもらえるようにできるコツをお伝えできればと思います。

お小遣いの平均額

{出典:金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査」〔二人以上世帯調査〕(2016/平成28年)}

画像が見えづらくてごめんなさい。リンクをクリックすると元の表を見ることができます。

 

さて、この表に記載されている お小遣いの平均額です。

小学生 低学年 1,206円、中学年 777円、高学年 1,272円

中学生 2,453円

高校生 5,578円

ちょっとうちよりは多いかな?という感覚です。

 

我が家のお小遣いの渡し方は、あとで詳しく書きますが、

小学生の時は500円(一律)

中学生の時は 娘は、2,000円、息子は3,000円

高校生は5,000円でした。

中学生の娘と息子の差は、電車通学をしているかしていないかです。

でも、金額ももちろん気になるところですが、きちんと考えて使ってもらうにはどうやって渡すのが効果的か?というところですよね。

 

 

お小遣いの渡し方で分かれる職業傾向

 

お小遣いの渡し方で、将来の職業傾向が分かれると言われています。

とはいえ、子供の性格によるかな?とも思いますが

一般的に言われている傾向は把握しておいた方がいいですよね。

サラリーマン型

定額のお小遣いを渡して、その中でどう使っていくのかを考えさせる方法です。

決められた額の中できちんとやりくりを考えることで堅実なお金の使い方が身につくとされています。

堅実さを大切にと考えているなら、さらにお小遣い帳の記載や使い方の振り返りなどをすると効果的です。

わたしはこの受け取り方でした!

なのでかなり堅実だと思うのですが、お金を増やしたり効果的に使ったりということは苦手です(^^;

自営業型

なにかの対価としてお小遣いを渡す方法です。

お風呂掃除やトイレ掃除などの家事を行うことでお小遣いを渡すという家庭内アルバイトのようなものです。

このように定額では無く自ら稼ぐということで、どうやったらお金が手に入るかを考えるようになり、お金を稼ぐということに対しての知識が備わると言われています。

夫がこのタイプです。

育った家が自営業だったこともあり、その手伝いをすることでお小遣いを得ていたそうです。

わたしとはお金の使い方がまるで違っていて、ここで使うことでこんな効果があるんだという説明をしてくれます。

ただお金を使う人なんだと最初は思っていたのですが、一緒にいる期間が長くなればなるほど その効果に驚くことが多いです。

我が家のお小遣いの渡し方

小学生

500円を定額で渡していました。

夫が自らのお小遣いの中から渡していました。

それ以外にイベントの時などには別にお小遣いをあげていました。

高学年になり、あゆみの成績でのボーナス制を始めました。

中学生

それぞれに定額で渡していました。

中学生の時も成績でのボーナスを実施していました。

ただし、小学生の時も中学生になってからも息子は成績でのボーナスは全く手に入れることが出来ず(*´-`)

家庭内アルバイトの提案をして、今は洗濯ものを畳んだり、お風呂掃除をする事でお小遣いを増やしています。

ただし、アルバイトのお金は使うことを決めた上で、一度貯金箱にいれます。

あらかじめ決めた額や決めた期間は貯めてから使うようにルール決めをしました。

また、通常のお手伝いとはすみ分けをし、わたしが発注をしたことのみ対価が発生します。

もちろん、今日は仕事ありますか?という質問はOKにしています。

高校生

変わらずに定額制と成績でボーナスです。

息子はまだ中学生。

勉強は本当に苦手な子なので中学と同じシステムでと考えています。

幼児期

子供たちは小さい頃、近くに住むわたしの両親のところで過ごすことが多くありました。

わたしが土日に仕事がある職場だったのでよく預けていたのです。

その時に祖父は子供たちに貯金箱をそれぞれ用意して、

玄関の靴を並べて~、

新聞を取ってきて~、

などの小さい仕事を依頼して、対価として10円ずつ貯金箱にいれていたそうです。

そして、遊びに連れていくときにいかにもそのお金で行くんだよという形を取っていました。

なので孫たちはみな、祖父母宅にいくと、いの一番に玄関の掃除をしていました(´∀`)

ちょっとガメツイぞとも思いましたが、まぁそれをいいかな?と

 

 

お小遣いの渡し方について さいごに

お小遣いは子供の金銭感覚を育てるためにとても大切なものだと思います。

お年玉などを貯めておいて、それを元手に投資をさせるというご家庭もあります。

お金に対する考え方はご家庭それぞれですし、親が目論んだ通りに子供が受け止めてくれるかもわかりません。

お金の使い方、お金の大切さ、どうやったら手に入れることができるのか?など、成長とともに親としての思いを伝えておくのはとても大切なことです。

ちょっとした工夫で、金銭感覚や計画性を教えることができます。無計画に渡すことで子供も無計画になる傾向があるので気を付けたいです。

 

今度は子供と投資について考えられるようにまずはわたし自身が学ばなければと思っています。

理想は自営業型∔投資かな!

 

おすすめ記事

1

おせち料理をご家庭で手作りされるところも多いと思うんですけど わたしは昨年から通販で購入して実家へプレゼントしています。 母は料理好きなのですが、やはりお正月くらいはゆっくりしてほしい、ここ数年は一緒 ...

2

持ち寄りパーティーをすることも多くありますよね。 今回のターゲットは「義実家両親」「実家両親」です。料理ができるぞとアピールしつつ、高齢の両親も食べやすいやわらかめのものでレシピを組み立てました。 ど ...

3

2020年に行われる東京オリンピックは、7月24日から8月9日に開催されます。 真夏の一番暑いときです! ちなみに2018年の同時期の気温は↓ 17日間中、30度を超えている日が13日あり、うち4日間 ...

-子育て, 知恵袋

Copyright© ちまきの知恵袋 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.