子育て 知恵袋

貧血の原因は?鉄分不足かも、、、モリモリ食べる中学男子も注意が必要

更新日:

 

緊急事態でした。

去年の夏前、娘が良く体調をくずして、そして1週間とか学校を休むことが多くて

どうしたものかと心配していたら

夏休み明けの文化祭後から3週間も学校に行けていませんでした。

病院に何回か行ったところ、もしや?と血液検査をしてみたら

貧血でした。。。。

もともと食が細い子なので体調を崩してさらに食べなくて

ギリギリで保っていたのが崩壊したのでしょう。

親として猛省です。

そこで対策としていろいろと試行錯誤したメニューを今回は紹介したいと思います!

鉄分不足の原因

そもそも鉄分不足になる原因は、摂取量不足がほとんどなんだと思います。

うちの娘の場合は100%これです。だって本当に食が細い。

ですが、最近知ったのですが、

モリモリ食べるスポーツ男子でも不足することがあるんです!!

スポーツ性貧血というものです。

スポーツ性貧血とは?

原因は激しい運動にあります。

「溶血」は赤血球が壊れることなのですが、激しい運動でこれが起こるそうです。

着地などで足の裏に強い衝撃が加わることやぶつかり合うスポーツ(ラグビーやバスケットボール、サッカーもですね)が要因になるそうです。

また、たくさんの汗をかくことで鉄分が対外に出てしまったり、尿として出てしまったりもします。

ですのでスポーツをしている男の子も摂取量を気にしないと貧血になってしまうんですね。

鉄分を効率よく摂取するために大切なこと

食品に含まれる鉄には、ヘム鉄と非ヘム鉄があります。

一般的にはヘム鉄は吸収性がいいとされています。

ですが、吸収性の低い非ヘム鉄も組み合わせによっては吸収性が上がります。
ヘム鉄と非ヘム鉄、組み合わせなどを工夫して、どちらからも上手に鉄分を摂取したいです。

 

 

◆鉄分の吸収をよくする組み合わせの栄養素

【ビタミンC】

鉄は、電荷の状態によって「二価鉄」と「三価鉄」になります。

身体に吸収されやすいのは、「二価鉄」の方です。

なぜかというと、主に吸収される十二指腸では、腸液の影響で弱アルカリ性となっているのでそのアルカリ性で溶けやすい二価鉄が吸収されやすくなるのです。

ビタミンCは鉄と一緒にあると、還元作用で二価鉄にする効果があるので、一緒に摂取するといいのです♪

【クエン酸(果実酸)】

クエン酸(果実酸)は、果物や野菜、穀物などに多く含まれていて、キレート作用という働きがあります。

これは、ミネラルを包み込んで吸収されやすい状態へと変化させる働きなので、一緒にとると効果的なのです。

【動物性たんぱく質】

動物性たんぱく質には、鉄と結びつくと腸からの吸収を促進するという働きがあります。

また、血液中の赤血球を作る素でもあります。

 

◆鉄分を多く含む食材

食品 100gあたりの鉄分
豚レバー 13mg
鶏レバー 9mg
牛レバー 4mg
スモークレバー(豚) 19.8mg
青のり 77mg
岩のり 48.3mg
小松菜(ゆで) 2.1mg
プルーン(乾) 1mg

調べてみて、あれ?っと思ってしまいました。

小松菜やプルーンは鉄分が豊富と思っていましたが、

よっぽど海苔類の方が豊富に含まれています。

この表は100g当たりなのですが、海苔類を10g食べたとしても

小松菜やプルーン100gより多く摂れるということです。

 

 

まとめ

いろいろと調べてみた結果、家でのメニューを見直す必要がありました。

いままで、頼りにしていた小松菜やプルーンの数値が低いことがわかりました。

急いで対策をとる必要があったので取り急ぎ、

お味噌汁に岩のりを必ず入れるようにしました!

岩のりを毎日10gとるだけで4.8mgの鉄分を摂取できます。

 

とはいえ、海苔は軽いので10gを食べるのも大変ですが、

メニューに加えて強化しようと思います。

 

1日の必要量は14歳女子で14mg(年代別で一番多く必要とするのがここです)

3食岩のり入りのお味噌汁が食べることができれば、だいぶ補えますよね。

 

まあでも、1日3食は難しいです。お昼は学校ですし

なので、ほかにもいろいろと試行錯誤で鉄分たっぷりレシピを作りました。

後日また記事にしますね。

-子育て, 知恵袋

Copyright© ちまきの知恵袋 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.