知恵袋

夏休み!キャンプに必要なこと♪頑張りすぎないにわかキャンパー歴12年のオススメ!まずはデイキャンプを

更新日:







子供もそろそろ大きくなってきたし、キャンプに行きたい!!

でも、キャンプ場って虫も多いし、お風呂もトイレも心配。。。

テントの寝心地とかどうなんだろう?

不安なこと多いですよね?

でも大丈夫!だって、にわかキャンパーの私たちが

なんとなく12年もキャンプを楽しんでいます。

にわかキャンパーだからこそのポイントやこだわりなどをお伝えしたいと思います。

でもキャンプデビューは、まずはデイキャンプをおススメします!!

 

アブに刺されたときの対策とは

アブに刺されました!痛いです。どうしたらいいのでしょう? キャンプへ行くと毎回刺されるのに、今回も足を露出していました。 夕方に右足のくるぶしから血がドワッと出ていて、かきむしった?ぶつけた? と思っ ...

続きを見る

キャンプへ行く前にオススメ!デイキャンプ

デイキャンプって知っていますか?

言葉のイメージ通りで「日帰りキャンプ」のことです。

最初から泊るキャンプに挑戦するのもいいと思うのですが

予行演習を兼ねて、もしくは子供が小さくて心配な場合も、

日帰りキャンプなら安心して行くことができます。

 

私のキャンプデビューも

デイキャンプ!です

 

上の娘が2歳の時、保育園の行事で丹沢の方にあるキャンプ場へ行きました。

当時、夫が土日も仕事をしていたので、私は娘と二人参加です。

保育園主催なので準備は娘の水着とか着替えとかその程度

キャンプ場も手ぶらで方式のところだったので、タープやテーブル、椅子

もちろん食材やバーベキューコンロなどもすべて用意済み。

川遊び中心に楽しんで、バーベキューをしました。

自然の中で川遊びを楽しんで、バーベキューをして、

 

ただただ、楽しかった!!

 

といういい思い出です。

その時にキャンプで必要なもの、特に昼間に過ごすのに必要なものをリーサーチすることができました。

タープにテーブルに椅子など。

想像すれば当たり前のことですが、どのアイテムもいまはいろいろと種類があって、実際にお店に行くとどれを買ったらいいのか分からなくなるんです。。。

使ってみて、これいい!と思うためにも

まずは少ないアイテムでキャンプを楽しむためにもデイキャンプはオススメなんです♪

 

デイキャンプに必要なものとは

てぶらでデイキャンプ!というプランも今はとても多いのでそれで行くのもオススメです!!

 

ですが、その後のキャンプデビューを目論んでのデイキャンプなら、アイテムを少し用意するのもいいと思います。

 

私は保育園行事のてぶらキャンプの次に家族だけで手ぶらキャンプへ行き、

インドア派の夫に「キャンプはいいぞー」と刷り込み

翌年、いくつかアイテムを準備して、ママ友、パパ友とデイキャンプ。

その翌年はキャンプ用品フル装備でキャンプデビューをしました。

 

うちの場合、夫がインドア派なのでいくつかステップを踏みましたが、アウトドア派の旦那様であれば一気にキャンプデビューもいいと思います♪

 

デイキャンプ必需品

レンタルという方法もあるので準備しやすいものからそろえてくださいね。

デイキャンプに必要なものとは?ちょっと大きなアイテム

・タープ(日よけ)
これは必需品です。今は真夏じゃなくても日差しが強く、暑いです。
日焼け対策以前に、子供の熱中症対策のためにも。
ないとはっきり言って死にます。。。
タープにもいろいろと種類があるのですが、
最初は安価で設置のしやすい「ヘキサタープ」をお勧めします。
タープの中でもコンパクトなこと、
ヘビーキャンパーになった時にも雨よけなどで応用が利く事などから、
入門編としてはいいかと思います。

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥12,880 (2018/12/13 21:00:28時点 Amazon調べ-詳細)

・テーブル
テーブルとイスが一体化になっているもの、
セットになっているものもあります。
うちの場合は別々のものを購入しました。
折りたたみイスを人数分と折りたたみのテーブルを一つ
これに関しては好みと使い方によります。
お店でよく吟味してくださいね♪
私たちが別々のを選んだ理由は、食べていない時に好きなところにイスを持っていけることです。

・イス
テーブルのところでも書いたように、別にイスを買いました。
それ以外に二人掛けのイスも買っていました。
これは、思いがけずに大正解で、子供が昼寝をするのにとっても適していました!!

・BBQコンロ
これもいろいろな種類があって悩みますよね?
レンタルしているところも多いので使ってから決めてもいいですし、
安価で帰る初心者用を買って試してもいいと思います。
ちなみにうちの場合、安価な初心用のコンロを何年も使っています。
高機能のものではなくても、問題なしと思われます。

 

デイキャンプに必要なものとは?ちいさなアイテム

・鉄板
うちでは焼き網は、ワンシーズンで買い替えることが多いです。
鉄板は最初にバーベキューコンロについてきたものをそのまま何年も使用していて問題なしです。
最近ではアルミ製の焼きそば用の容器(BBQコンロに置いて炒められるもの)などもあるので、
何年も使えています。

・トング

・チャッカマン

・まな板、包丁、栓抜き、缶切り

 

デイキャンプに必要なものとは?消耗品

 

・炭
以外と値段で火力持続時間が違います。
デイキャンプなら安価なものでもいいと思いますが、
泊るキャンプなら、少し高いものがいいかもしれません。
うちではその時々に使い分けます。
朝など火力持続時間が必要ないときは安価なもの、
夜などちょっと夜更かしして長く火力が欲しいときは高いもの。
ただし買うメーカーによって違いがあります。
近くのお店で買うときにメーカーと値段を覚えておいて、
次回に活かすようにしてください。

・着火剤
うちではジェルタイプのものを使用していますが、
このジェルタイプで事故を起こしたというニュースを見たことがあります。
火を使うので十分に注意して、状況に合わせたものを選んでください。

・焼き網
毎回上手に洗うことができなくて悩みの種でした。
毎回買い替えをしていた時もありますが、
実は、焦げを越して白くなるまで熱することで汚れが灰となり、
簡単に汚れが落ちるということをついこの間知りました!!
というわけでみなさんは、一度購入したら 長く使用してくださいね!!

・アルミホイル
便利グッズです。
鉄板や網の上で敷いて使うことはもちろん、
バナナやサツマイモなどをくるんで、炭の中に入れて加熱することもできます。
お忘れなく!

 

これ以外にもこだわればたくさん必要なものもありますが、

デイキャンプで荷物を少なめにと考えると、

このくらいがちょうどいいと思います。

調味料類は、持って行きやすいサイズで買うか、

100均などで用意したボトルに詰め替えるのがおススメです。

 

 

 

デイキャンプにおすすめの食材準備

うちでは少し多めに持って行って

余ったら持ち帰ることにしているので帰り用の保冷も考えて準備します。

肉は、その時の好みのものを準備!

たれに漬け込みやカットが必要なものは家での準備していきます♪

ジッパーなどに入れ替えてクーラーボックスなどで冷えやすいようにしておきます。

買ったままのトレーに入っている状態だと、冷えづらいです。

野菜類はカットしていくことが多いです。

キャンプ場でカットするのもいいのですが

子供が小学生以上になって手伝えるようになってからがいいでしょう。

そして、意外とバーベキューでは野菜は不人気!

なので先にいくつか仕込んで行きます。

野菜もちゃんと食べてほしいですからね。

 

事前仕込み野菜メニュー

・サルサソースもどき
トマトと玉ねぎ、ピーマンを角切りにして
レモン果汁とオリーブオイル同量のものと和え、
ジップパックに入れておくだけ、
肉にかけて食べてもそのまま食べてもおいしいですよ♪

 

 

・キュウリの1本漬け
これ以外と食中毒になることが多い調理法の一つなので以下のことに注意して下さいね♪
✩水道水でよく洗う
✩イボイボは皮むき器などでなるべくとる(シマシマに剥きましょう)
✩熱湯をかけましょう
⇒そして浅漬けの素と一緒にジップ袋に入れて冷蔵庫、
翌日キャンプへ行く直前にクーラーボックスへ移動しましょう。

 

デイキャンプで子供に人気の食材、メニュー

 

 

・棒付きウインナー
もれなく喜びます。。。

・焼きそば
良く作るのですが、なぜかこれも喜びますね~

・パン(焼きそばやお肉を挟んで食べる用)
お肉をはさんで食べたり、結局これしか食べなかったり。。。
パンはみんな大好きです。
ちなみにうちはコストコで小ぶりのパンを買っていくことが多いです。

 

 

まとめ

とにかく子供連れでのキャンプは、現場でのトラブルもいろいろとあります。

川のそばでは水の事故が心配ですし、

オートキャンプ場であれば、車も心配です。

子供から目を離すことができない分、事前準備をして

沢山楽しめるようにしてくださいね!

手ぶらでキャンプでも十分に楽しめます。

無理せず、子供の成長と相談をして楽しんでくださいね♪

おすすめ記事

1

今回は博多久松のおせちを購入してみて感じたよかったことと困ったこと、そして今年のおすすめおせちの中身について紹介します。 【博多久松2019年新春おせち特集】 おすすめのお取り寄せおせち【博多久松のお ...

2

持ち寄りパーティーをすることも多くありますよね。 今回のターゲットは「義実家両親」「実家両親」です。料理ができるぞとアピールしつつ、高齢の両親も食べやすいやわらかめのものでレシピを組み立てました。 ど ...

3

2020年に行われる東京オリンピックは、7月24日から8月9日に開催されます。 真夏の一番暑いときです! ちなみに2018年の同時期の気温は↓ 17日間中、30度を超えている日が13日あり、うち4日間 ...

-知恵袋

Copyright© ちまきの知恵袋 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.